2018年度活動概要

実施プロジェクト一覧


 

三陸港まつり開催支援

ペットボトル灯篭プロジェクト 

観光プロジェクト

越喜来スローライフ観光マップ

学習支援プロジェクト

越喜来大学

活動予定


 

6月30日〜7月1日

事前派遣①

ペットボトル灯篭プロジェクト企画相談

 

7月11日〜12日

事前派遣②

ペットボトル灯篭プロジェクト企画調整

 

7月22日〜23日

事前派遣③

ペットボトル灯篭設置準備

 

8月10日〜18日

夏派遣

ペットボトル灯篭プロジェクト

学習支援プロジェクト

 

9月1日〜3日

事後派遣①

インタビュー調査

 

9月22日〜24日

事後派遣②

インタビュー調査・アンケート調査

 

3月

同窓会

夏派遣 活動報告


ペットボトル灯篭プロジェクト

(三陸港まつり開催支援)

1)実施目的・内容

 三陸港まつりに、地域住民が主体的に参加できる機会を創出することを目的として、地域住民とともにペットボトル灯篭を作成し、まつり会場や道路に飾る。

 

2)プロジェクト内容

◎ペットボトル灯篭 (2 年目の実施) (520 個、昨年は約 450 個作成) 街灯の少ない灯篭行列ルートに「ペットボトル灯篭」を設置し、景観と安全を高める。

◎灯篭文字パネル(新たな試み)ペットボトル灯篭を活用し、まつり会場に「三陸港まつり」の光るパネルを設置する。パネル下部に灯篭作成者名・メッセージ・イラスト等を書く欄を設け、参加度を高める。 断熱材で事前に土台を用意し(三陸まつり実行委員会、YfOで作成)、灯篭で文字をつくる。

 

 

★「灯篭文字パネル」制作のねらい 参加者の拡大:昨年度よりも、小中高生や大人のグループ参加を増やしたい 担当文字を設定して、地区・グループごとの参加を募るなど、幅広い参加を求めて実施する。

 

学習支援プロジェクト

(1)目的

・首都圏の大学生との交流が、生徒たちの学習意欲の向上に繋がってほしい。また、大学生から見た三陸町の魅力を生徒たちと共有することで、外から見た自分たちのふるさとの魅力を知ってほしい。

・同時進行するペットボトル灯篭プロジェクト(港まつり)を円滑に行うためのきっかけにしたい。

 

(2)活動内容

・夏休みの宿題のお手伝い

・バーベキューや花火での交流

・進路選択等の相談会