Youth for Ofunato 第2回学生派遣

期  間:2012年5月2日―5月6日

場  所:大船渡市長洞仮設住宅団地

参加人数:4名(全1陣)

企画実施:認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン

ダウンロード
2012年5月活動報告書.pdf
PDFファイル 1.2 MB

現地視察(大船渡市、陸前高田市)

 今回の現地視察で強く感じたことは「東京との認識のズレ」です。

  温度差、ともいうのでしょうか。正直、東京で暮らすうちに何となく「復興は進んでいるんだ」という感覚になっていましたが、現地を見て、まだまだここで暮らしてきた人達の未来の風景が想像できない部分がありました。

 自分たちの認識の甘さにも反省しつつ、東京の学生として何ができるのかを考えたいと思いました。

  復興は自動的に進むものではなく、そこに人がいて、思いがあって、それがまた人を呼んで…そうやって少しずつ層をなしていくものなのだろうと思います。

種まき

 5月2日に行われた種まきでは、事前に告知をしたこともあり、多くの方が作業をしていました。知恵をみんなで共有したり、休憩時間にはおしゃべりを楽しんだりといった光景が見られました。こういった共同作業や交流が、課題である「自主的で自立したファームの運営」につながっていけばと考えています。

  コミュニティ形成の段階に合わせて、サポートのかたちや程度は変化するものということを改めて実感しました。

友結ファームへの参加を呼びかけるポスターづくり

友結ファーム 募集ポスター

 ファームの現状を把握し、GWの間でどんな活動ができるかを話し合った結果、作業の参加者募集を呼びかけるポスターを制作しました。

  3月の開墾時と比べて環境の整備(シカの防護ネット、門の設置、道具小屋の建設、休憩スペースの整備など)は進んでいました。ですが、もっと多くの人が集うコミュニティーファームにしたいということになり、一体どんな情報を伝えればよいのか意見を出し合いました。意見を深く掘り下げていくうちに、「友結ファームがコミュニティ形成においてどんな役割を果たすのか」「ファームの認知から参加まで、どんなステップが必要なのか」といった、活動の軸となる部分を確認することができました。

  そして「最も伝えたいことは何か」を考え、ストレートに「募集!」の文字を掲げたポスターが出来上がりました。さらに「ファームに集まったみんなと過ごす楽しい時間」のイメージを伝える為のイラストも描きました。こういった試行錯誤の上に、濃く実のある活動が成り立つのだと勉強になりました。

学生と住人の方々の交流

 わたしたちの活動は「住人の方々の交流の場をつくりコミュニティ形成の支援を行う」ことを目標としています。しかし、わたしたちが復興に関わることで「わたしたちと住人の方々」のあいだにもつながりが生まれます。

 「また一つ良い『出逢い』が増えました」

 「また夏に逢えるのを楽しみにしています」

 これは地元の方からの言葉であり、私たち学生の気持ちでもあります。