青山学院大学ボランティアステーションによる派遣

期  間:2011713日―914

場  所:大船渡市内

参加人数:85名(全9陣)

企画実施:認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン

2011年7月~9月活動報告書.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 2.6 MB

現地視察(大船渡市、陸前高田市)

 全9陣に分かれての派遣でしたが、どの陣も初日に現地視察を行いました。それは東京で暮らす私たちの想像を超える光景でした。

 

 初めて自らの目で確かめた震災の傷跡にとまどいを隠せない学生も多く、初日のミーティングでは「流されていた思い出の品々をみて言葉につまってしまった」「力になれることがあるだろうか」といった声があがりましたが、実際に現地を見て各々考えを巡らせたことで、より一層活動へのモチベーションがあがりました。

ベンチづくり

 おしゃべりを楽しんだり、少し外に出て休んでみる…ベンチがある空間には人が集まります。住人のみなさんと一緒にベンチを作成することで、その作業場では交流が生まれました。完成したベンチは仮設住宅団地内に置かれ、日常生活だけでなく団地内で開催される行事にも使用されていました。

  また、ベンチの利用に関する聞き取り調査を行い、仮設住宅の扉を一軒一軒まわりました。時間をかけて丁寧にこの調査を行うことで、貴重なお話を聞けた学生もいました。

ベンチの制作場所と完成数、聞き取り調査について.pdf
PDFファイル 87.5 KB

夏祭り、納涼会

 仮設住宅入居後初となる、団地規模の行事として夏祭りや納涼会を行いました。民謡保存会大船渡支部の方々が演奏をしてくださったり、みんなで盆踊りを踊ったりと、私たちを含めこれまで顔見知りではなかった人達が、一緒になって楽しいひとときを過ごすことができました。

 住人の方々の交流が目的ではありましたが、わたしたち学生も住人の方とじっくりとお話ができ、「人と人がつながることの嬉しさ」、そしてそこで生まれるものを実感することができました。

夏祭りの開催場所と参加人数.pdf
PDFファイル 98.0 KB

こびるの会、はまっぺし(お茶会、持ち寄り食事会)

 みんなでつくったベンチに集まって休みながらお茶とお菓子、そしておしゃべりを楽しむ「こびるの会」。自慢の手料理やおすすめのおつまみなどを持ち寄る食事会「はまっぺし」。これらの会は、新たな交流が生まれたり、お互いをよりよく知ることができる機会となりました。

  私たち学生も、住人の方から震災や普段の生活に関する様々な話をお聞きし、改めて自分たちの活動について考えるきっかけとなりました。

こびるの会、はまっぺしの参加人数と食事数.pdf
PDFファイル 85.5 KB

学童保育支援、大船渡中学校での学習支援

 上記以外の活動の一部が、学童保育支援と大船渡中学校での学習支援です。学童保育支援では、震災の影響で本来の指導員である保護者の方々の手が足りなくなってしまった為、学生が指導員として子どもたちと一緒にグループ遊びなどをしました。

 学習支援では、放課後の自習時間を使って一生懸命勉強する中学生のサポートをしました。大学生の中には塾講師のアルバイト経験がある人もいて、指導法を試行錯誤しつつもやりがいが感じられる活動でした。

学童保育支援と学習支援の参加人数.pdf
PDFファイル 85.4 KB